[チンジャオ娘。_女子大生と教授]女子大生と教授(と僕)のありがちな、2人の前では僕はただのモブだったんだ…

女子大生と教授(と僕)のありがちな 無料

  • iOS:OK
  • Android:OK
  • PC:OK

女子大生と教授(と僕)のありがちな

チンジャオ娘。

75660420

僕の彼女はいつの間にか教授の虜に…

  • 寝取られ
  • JD
  • 中出し
  • 処女
  • トロ顔
  • カーセックス
  • 野外セックス

女子大生と教授(と僕)のありがちなの管理人評価・口コミ

※アイコンタップで評価が見れます!!

総合評価

女の子のエロさ

ストーリー性
  

絵の上手さ

[cg 画バレ]なんで教授にそんな笑顔を見せるんだ!!

横にスライドで大量画バレをチェック!! 僕の事なんかそっちのけで…

キャラクター紹介

※タップでもっと詳しいキャラ設定がわかります!!

沙依

K教授

B君



女子大生と教授(と僕)のありがちなのあらすじ


僕の最愛の恋人は勉強熱心でおしとやかで、いつも気弱な僕に微笑みかけてくれていた。そんな彼女の様子が最近どこかおかしい。僕と一緒にいてもあまり楽しそうじゃない。なのに教授と話しているときは心から楽しそうで…彼女の教授に対する眼差しは、まさに…愛する人に対するもので…。
清純なヒロインを身も心も寝取られてしまいます。主人公はまさに蚊帳の外。入り込む余地がなくなるほどの寝取られに喪失感たっぷりです。寝取られ好きの方はぜひ!!
公式サイトへ進む

抜きどころピックアップBest.3!!

女子大生と教授(と僕)のありがちなのエッチなシーンをチェック!!

彼女は僕の自慢の恋人

勉強熱心で優しい彼女。でも最近様子がおかしくて…。

夜の教授室で何があった…?

無理やり犯された彼女は嫌悪感でいっぱいなはずなのに…。

心配する僕をよそに2人は…

教授の虜になった彼女はもう僕の事なんか考えることもなくなった…。

女子大生と教授(と僕)のありがちなのストーリーをネタバレ!!

ストーリー、絵の上手さ、女の子のエロさ… 隈なくチェックして、今夜のお供に本当にふさわしいのか画バレチェック!!

教授の毒牙

僕の最愛の人

大学のカフェテリアで、幸せそうなカップルが談笑している。

沙依は勉強家だなぁ。僕はさぼってばかりだよ。
全然そんなことないよ。好きでやってるから。

彼女の名前は沙依。この物語の主人公、B君の恋人だ。小学校から幼馴染だった2人は、大学入学を機に晴れて付き合う事になった。

B君もすぐに興味があることがみつかるよ。

幼いころから片想いしていた沙依と過ごす時間が、なによりもB君にとって大切だった。

と、その時。

やぁ、沙依君。…キミはB君かな?
あ、先生。この本について少し質問があるんですが。
ああ、そこはだね。

B君の至福の時間を邪魔してきたのはK教授。沙依のゼミの担当教授だ。

専門的な話に花を咲かせ、盛り上がる沙依たちに少し疎外感を感じつつも、無邪気な笑顔を見せる沙依をB君は愛おしく感じていた…。

夜中の教授室で…

沙依はこの日、レポートの作成のため教授室に夜遅くまで残っていた。部屋にいるのは沙依とK教授だけ、室内はちょうど良い緊張感に包まれていた…。

ふと資料が欲しくなり沙依が本棚に向かうと、いつの間にか教授が沙依の後ろに立ち、突然…!!

ガシッ!!

…え?せ、先生なにを…?

教授は沙依を本棚に押さえつけ、動けない彼女の胸を揉みしだきながら唇を重ねてきた!!

!? んーーッ!!

抵抗する沙依は何とか教授を押しのけ…。

やめてください!!何するんですか!?(こんなこと、B君とだって…!!)
キミもこんな時間まで残って…その気があったんだろう?
そ、そんなわけ…!!

教授は沙依の言葉を遮るようにまた唇を重ねてきた。教授の大きな舌がさっきよりディープに口内に侵入してくる。

んーー!!んぐ…ん…ん。

沙依の股に当てた足を小刻みに動かしはじめる。

(私にはB君が…でも…体が変な感じに…。)
(思っていた通りいやらしい娘だ。あと少しで堕ちるな。)

教授が激しくまさぐっていくにつれ、沙依の体はどんどん熱くなり、そして…。

(ほら、身体の方は感じているんだろう!!堕ちろ!!堕ちろ!!)
(…っや、いや…な…なにかくる!)んっ♡ん~~~~♡

ビクッビクビク!!ビクッ…

無理やりされたにも関わらず絶頂してしまった沙依は、なにがなんだかわからなくなり…。

ふぁ…わたし一体…。
沙依君。もっと気持ちいいこと教えてあげよう。
…は、はい…?

困惑する沙依を教授は机に押し倒した!!

怯える沙依を無理やり…!!

未知の快感に戸惑う沙依を前に、教授はチャックから勃起したペニスを取り出した。

お、お願いします。それだけは…はじめては…。
なんだ、まさかと思ったがキミは処女だったのか。
はい…だから…。
なら、なおさらやめるわけにはいかないな…。

沙依の告白にむしろ興奮した様子の教授はためらう様子もなく、いきり勃ったものをあてがった。

こういうのは年上の男に任せるものだ…。ああいう童貞じみた若者じゃなくて…ねっ!!
やめ…ッ!!

ズ…ミチミチ…

あ…ああぁああっ!!
これは…今まで抱いた女子大生の中で最高の締まり具合だよ。

教授は苦痛に歪む沙依の表情を愉しんでいるようだった。

ヌッチュ…ヌッチュ…

はぐ…お願い…動かさないで…
なに、すぐに良くなるさ。
そ、そんなわけ…あっ…はひぃ…あん!!♡

パッチュ!パッチュ!!

いくぞ沙依君。
やぁ!だ、だめ…!!外に…!!

ドックッ!!ドピュ…ドピュ…!!

教授は腰を一番奥に押し付けると、一滴残らず熱いものを注いだ!!

ふぁあぁあああ~~!!!♡♡(あぁ…中に…赤ちゃんできちゃう…。)
はぁ…はぁ…(決めたぞ、この娘は絶対に私のモノにする。)
はひ…ふぇ…また頭が真っ白に…。

教授は満足げに沙依を見下ろし、また腰を動かし始めた…。

少しずつ溶けていく想い

B君への嘘

沙依とB君はいつものように大学のカフェテリアで過ごしていた。

沙依…どうかしたの?体調悪い?
ううん…なんでもないよ。

ここ数日で沙依の様子が少し変わった。天真爛漫な笑顔に影がさして、どこか無理をしているようだ。

そこに、教授が現れる。

沙依君。今日もこの後、付き合ってもらっていいかな?資料探しを手伝ってほしくてね。

なぜか上機嫌な様子の教授。それに呼応するように沙依の顔はますます曇っていった…。

本棚の多い資料室。沙依はその陰に隠れるような場所に連れてこられていた。

こんなところ誰かに見られてたら…。
安心しなさい。この時間は人が来ないところだから…滅多にね…。

言われるがまま下着を下ろした沙依は、お尻を教授に差し出した。

ちゅぷ…

ん…あん…。
まだ数回だというのにすっかり私のモノと馴染むようになったじゃないか。

ギンギンになったペニスを沙依のアソコは難なく飲み込んでいった。

チュプ…チュプ…チュプ…。

教授の動きはいつものような激しさがなく、むしろゆっくりと気遣うようだった。

不安げに彼を見上げる沙依。すると、資料室のドアが開く音が聞こえた。

あれ?先生いないんですか?
!?(うそ…B君!?)
悪いね呼び出して。その資料をキミのところの教授に届けておいてくれないか?
あぁ…これですね。じゃ、失礼します。

沙依は思わず口を手でふさぎ、声が漏れないよう必死に耐えた。

(B君…!!B君…!!)
すごい締め付けだ…。彼氏の前だといつもより興奮していたな。いやらしい娘だ…。

幸いB君はこちらには気づかずに資料室を出ていった…。

ふぁぁっあぁ~~~!!!♡

教授の責めはなお激しくなり、沙依は堰を切ったように大きな喘ぎ声が漏れだした。

くっ…そろそろ出すぞ。

どっぷ…!!ドク…ドク…ドク…。

はひっ!!…ふぁっ…♡

沙依も同時に絶頂した。あまりの快楽に腰が抜け、教授のペニスに支えられなんとか立っていられる状態だった。

(順調だな、もう少しでこの娘も…。)

心の中でほくそ笑んだ教授は、その後も沙依の体を弄んで…?

【警告】これ以上読むと完全にネタバレです!!

これ以上読み進めると、 確実に不完全燃焼 or もっと気になってしまいます… ドキドキ感を追求するなら、完全版をダウンロードが絶対おすすめです!!
とりあえず公式サイトで試し読み

僕とのデートよりも…?

高層ホテルでお泊りデート?!

B君とのデートの最中、教授に呼び出された沙依は仕方なく教授の元を訪れていた。

さぁ目を背けずによく見てごらん。自分がどれだけいやらしいかを。
や、やだ…こんなの嫌です…。

教授の元に到着するとプレゼントを手渡された。その中身は、乳首もアソコも丸見えになってしまうほど薄い生地でできた卑猥な下着だった。

しぶしぶ着替えると、裸になった教授は沙依を後ろから抱きかかえて窓ガラスの前に連れて行った。

(こんな大きいものが私の中にはいっていたなんて…。)

ガラスに反射した自分の卑猥な姿と教授のペニス…。沙依は羞恥に身もだえた。

どうだいB君と比べて…。
そ、そんなの。
ははは、君たちはプラトニックな関係だったね。

教授は下着をゆっくりとずらし、ペニスを彼女の中にゆっくりと沈めていった。

んっ♡ん…ぁ…♡
よく見なさい。キミの性器が私のモノを飲み込んでいくところを。
うう…ふぁあ♡
くっ今日は興奮しているのか締め付けがすごいな。
あっ♡~~~ッ♡
そろそろイクぞ…!

どっピュッ!!ドピュドピュッ!!

うぅ…♡はぁ…ふぅ…ふぅ…。

教授のモノがボトリと抜け、塊のような精子がこぼれていく。ガラスに映る女性は恍惚とした表情をしていた…。

(なんでこんなひどいことされてるのに、こんなに気持ちよさそうなの?)

沙依は、自分へと嫌悪感とそれ以上に感じる快楽に混乱していた…。

サークル関連情報

[ [チンジャオ娘。_女子大生と教授]女子大生と教授(と僕)のあ... ]チンジャオ娘。2017/03/23 18:47